レビトラの効果や副作用など基本的な情報についてご紹介します。

EDは男性の天敵

EDに悩んでいる男

どんな男性でも歳を重ねるにつれて身体の機能は低下していきます。

ちょっと運動するにしてもすぐに疲れてしまったり、物忘れが多くなってしまったり…。

こうした機能の低下によって、「歳をとったなぁ…」と切ない気持ちになることもあるのではないでしょうか。

性機能も加齢によって低下する機能のひとつで、若い頃は何度も女の子と遊んでいたという人でも、徐々に昔と同じようには遊べなくなってしまいます。

性行為を楽しむうえでペニスの勃起は大切な要素なのですが、残念ながらこれも歳を重ねるにつれて衰えてしまいます。

勃起するまでに時間がかかってしまったり、勃起時のサイズや硬度が衰えてしまったりと、男性にとってはショックな出来事です。

ただ、人によっては「歳だから」と素直に受け入れられるかもしれません。

加齢による衰えはどんな男性でもやがて訪れることなのですが、今問題となっているのは年齢に関係なく勃起機能が低下してしまっている男性が急増していることです。

これはED(勃起不全)と呼ばれる症状で、年齢に関係なく、どんな男性でも突然引き起こす可能性があります。

若いうちから正常にペニスが勃起しなくなることで性行為を楽しめなくなるほか、男性としてのプライドや自信まで打ち砕かれたかのように感じてしまう男性も少なくありません。

EDによって恋愛や性行為を自ら控えるようになってしまう男性も増えているのです。

ED治療薬で改善できる

ED治療薬を推奨する医者

EDはどんな男性がいつなってもおかしくない症状です。

EDの発症は本当に突然で、「昨日まではふつうにエッチができたのに」ということも充分あり得ます。

そこで、万が一EDになってしまったときのことを想定し、どう対処すべきかを知っておく必要があるでしょう。

EDを改善するためには、ED治療薬を使用するのがオススメです。

EDの症状や改善方法については後ほど詳しく説明していきますが、生活習慣の改善などもED治療には効果的です。

ただ、どうしても長い日数がかかる治療法となってしまい、その間はずっと満足に性行為を楽しめない生活を過ごさなくてはいけなくなります。

ですが、ED治療薬を使えば、一時的とはいえ、勃起機能を回復させることができます。

近年はED治療を専門とする医療機関も増えており、そこでED治療薬を処方してもらうことができます。

それだけではなく、通販サイトを使った医薬品購入も注目されており、個人で手軽にED治療薬を購入できるようにもなっています。

ED治療薬に関する知識や購入方法をしっかりと理解し、いざというときに備えておきましょう。

EDの改善に効果的な3大治療薬

三大ED治療薬

ED治療薬はEDを改善するために欠かせない医薬品です。

数ある医薬品の中でもトップクラスの知名度を誇るバイアグラですが、これもED治療薬だということはご存知でしょうか。

名前までは知っていても詳しくは知らないという人もいるでしょう。

バイアグラはEDに悩む男性にとってまさに救世主とも言える存在で、販売当初は大きな話題となりました。

しかし、現在世界的に使用されているED治療薬はバイアグラだけではありません。

レビトラ、シアリスというED治療薬も開発されており、現段階ではこの3種類がメインとなっています。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類をまとめて「3大ED治療薬」と呼んでおり、日本でもこれらのED治療薬が処方されています。

3大ED治療薬はどれもED治療において高い効果を発揮してくれるのですが、それぞれに異なる特徴があります。

EDにも種類がありますし、治療するにあたってみなさんが何を重視するかも違うはずです。

みなさんの目的や状態に合わせたED治療薬選びが重要になりますので、3大ED治療薬のことを詳しく知らないという方はこれを機に覚えておきましょう。

初めて認可を受けたED治療薬「バイアグラ」

バイアグラ日本版

今となってはED治療薬を使ってのED改善は当たり前のこととなっていますが、ED治療薬がまだなかった頃は、男性にとってかなり深刻な問題となっていました。

そんな中で最初に登場したのがバイアグラです。

バイアグラは世界で初めて認可を受けたED治療薬として話題になり、EDに悩む大勢の男性たちを救うことになりました。

バイアグラは大手製薬会社であるファイザー社が開発したED治療薬で、シルデナフィルが主成分として含まれています。

もともとは血管拡張作用による狭心症治療を目的として開発が進んでいたのですが、開発過程で副作用として男性の勃起機能改善が発見され、注目されました。

そこからED治療薬としての開発が進むことになるという、偶然から生まれた医薬品なのです。

バイアグラは販売がスタートしてから今に至るまで、圧倒的な人気を獲得しているED治療薬となっており、現在も世界中で多くの男性がお世話になっているのではないでしょうか。

ED治療薬は本来なら男性が使用する医薬品なのですが、その効果の高さから最近は女性用バイアグラも開発されており、不感症治療を目的に使用されています。

男性だけに限らず、女性からも支持される医薬品となっています。

バイアグラの人気を抜いた「シアリス」

シアリス日本版

シアリスはバイアグラ、レビトラに次いで3番目に認可を受けたED治療薬となっています。

イーライリリー社が開発したED治療薬で、日本でも2007年から認可され、製薬。販売がおこなわれています。

今まではバイアグラがED治療薬の中でダントツの人気を獲得していたのですが、シアリスはその扱いやすさから、2013年についにバイアグラを抜いて世界No.1のシェア率となりました。

ED治療薬の中では最新の医薬品となり、日本で販売が開始されてからまだ10年程度しか経っていません。

今後もまだまだシアリスの人気は伸びていくと予想されています。

2番目に登場した「レビトラ」とは

レビトラ日本版

バイアグラやシアリスももちろんED治療薬として優秀な効果を発揮してくれるのですが、今回は2番目に登場したレビトラをメインに紹介していこうと思います。

レビトラはドイツのバイエル社が開発・販売をおこなっているED治療薬で、バイアグラのデメリットを克服したED治療薬とも言われています。

医薬品の中でもトップクラスの知名度となっているバイアグラや、現在世界No.1のシェア率を記録しているシアリスに比べると、3大ED治療薬の中でもその存在感は若干薄いかもしれません。

しかし、レビトラにはバイアグラやシアリスにない特徴・魅力がありますし、EDに対する効果も優れたED治療薬となっています。

では、ここから詳しくレビトラについて見ていきましょう。

まずレビトラがどのようにしてEDを改善しているのかから説明していきましょう。

そもそもみなさんはペニスが勃起する仕組みを理解しているでしょうか。

性的刺激を受けることで自然に起こる生理現象、くらいにしか認識していない人は多いと思います。

ですが、レビトラの効果を知るためにも、まずは勃起やEDの仕組みから頭に入れておきましょう。

男性が外部から性的刺激を受けることでcGMPという物質がはたらき、血管を拡張させます。

ペニスの内部には海綿体と呼ばれる器官があり、もちろんそこにも血管は通っています。

血管が拡張されることで血液の流れが活発になるのですが、それによって海綿体に血液が多く流れ込むことで海綿体が膨張します。

海綿体はペニスの内部の大半を占める器官となっているため、海綿体が膨張すればそれにともなってペニス全体も大きくなり、これが勃起と呼ばれる状態です。

ただ、性的興奮がおさまったあとでもcGMPがはたらいたままだと、男性は常に勃起させた状態で生活をしなければいけません。

これを防いでくれるのがPDE5という酵素です。

性的興奮がおさまると同時にPDE5がcGMPのはたらきを抑制してくれるおかげで、男性は勃起したままの生活をしなくて済んでいるのです。

しかし、さまざまな原因によってこのPDE5が常に過剰なはたらきをするようになってしまうと、性的刺激を受けた場合でもcGMPがうまく作用できなくなってしまい、いつまで経っても血管拡張の効果を受けられないままになってしまいます。

こうして海綿体に充分な血液が流れず、うまく勃起できなくなってしまうのがEDなのです。

レビトラの効果は、EDの原因ともいえるPDE5を抑制することで、それによってcGMPが正常に作用できるように改善してくれるのです。

こうした効果があることから、レビトラは「PDE5阻害薬」とも呼ばれています。

ただし、レビトラの効果に関して注意していただきたいのは、あくまでも勃起できる状態に改善してくれる医薬品だということです。

レビトラを服用したとしても強制的に勃起するわけではなく、勃起させるためには性的刺激が必要だという点は今までと変わりません。

即効性が高く、人気のレビトラ

レビトラならではの特徴

レビトラならではの特徴を説明する医者

レビトラはPDE5のはたらきを抑制することで、性的刺激を受けた際にcGMPが正常に作用できるようにしてくれる医薬品です。

しかし、こうしたED改善の効果に関して言えば、実はバイアグラやシアリスでもまったく同じはたらきをしてくれます。

今紹介したのはED治療薬としての基本的な効果となるため、3大ED治療薬のどれを使っても同じなのです。

ですが、3大ED治療薬には違う部分でそれぞれの武器があります。

ED治療薬を使ってED治療をする場合、この違いに注目しながら選んでいくといいでしょう。

では、レビトラにしかない特徴とは何なのでしょうか。

レビトラ最大の特徴となっているのは、服用してから効果が出始めるまでの時間、つまり即効性が他のED治療薬よりも遥かに優れているということです。

バイアグラは服用してから1時間程度、シアリスは2~3時間程度で効果が出始めるのに対し、レビトラは30分程度で効果を実感できます。

場合によってはこれよりも早く効果が出ることもあり、性行為をする直前に服用したとしても肝心な場面で効果を発揮させることができるでしょう。

ED治療薬は服用してから効果が出るまでに時間がかかるため、本来であれば服用するタイミングを見計らう必要があります。

ですが、ギリギリに服用してもすぐ効果を発揮してくれるレビトラなら、そこまで細かくタイミングを気にせず服用できるのです。

レビトラを服用するタイミング

レビトラを服用する男

レビトラは他のED治療薬と比べると即効性に優れています。

人によっては15分ほどで効果が出始めたという報告をしているほどで、性行為をするとなってから服用したとしても、前戯をしている間にその効果を発揮してくれるでしょう。

ただ、いくら即効性に優れたED治療薬とはいえ、レビトラがどの程度で効果を発揮してくれるかは個人差によって左右されます。

そのため、すぐ効果が出るからと油断してギリギリまで服用せずにいると、肝心な場面になってもまだ効果が出ていないということにもなりかねません。

絶対に服用を失敗したくないというのであれば、性行為をする1時間前にレビトラを服用するのがベストでしょう。

また、医薬品を服用するうえで気になるのが食事の影響です。

胃の中に食べ物が残っている状態で医薬品を服用すると、モノによっては成分がうまく吸収されず、本来の効果を発揮できずに終わってしまう可能性があります。

では、レビトラが食事の影響を受けるのかどうかですが、レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬となっています。

そのため、食後に服用したとしても効果を発揮することは可能です。

ただ、あくまでも受けにくいというだけで、まったく食事の影響を受けないわけではありません。

万全を期すのであれば空腹時の服用が望ましく、もし食後に服用するというのであれば食事で摂取するカロリーを減らすようにしましょう。

脂肪分が多く胃に溜まった状態だとうまく成分が吸収されなくなってしまう可能性があるので、食べ過ぎには注意してください。

用法用量を正しく守ろう

用法用量を正しく守ることを勧める医者

どんな医薬品でもそうですが、その効果を最大限かつ安全に発揮させるためには決められた用法用量の通りに服用する必要があります。

誤った方法で服用してしまうとその医薬品が持つ本来の効果が出ない可能性がありますし、さらにひどい場合は副作用が出てしまう危険もあります。

レビトラにも用法用量が決められていますので、服用するときはその通りに正しく扱うようにしてください。

レビトラの服用は1日1回1錠までです。

再度服用したい場合は最低でも24時間の間隔を空けなければいけません。

レビトラには5mg錠、10mg錠、20mg錠とバルデナフィルの含有量に応じた3種類の錠剤があります。

10mg錠を服用したものの、あまり効果が実感できなかったという場合もあるでしょう。

しかし、レビトラを1日に服用していいのは1錠までとなっているため、立て続けにレビトラを飲み直すということは絶対にしないでください。

また、医薬品を服用する場合、多くの人が水と一緒に飲んでいるのではないでしょうか。

レビトラの服用も水もしくはぬるま湯と一緒に飲むのがベストですが、どうしても用意できないという場合は他の飲料でもかまいません。

アルコールでの服用も、適量であれば問題はありません。

ただ、牛乳のように脂肪分を多く含んだ飲料での服用は避けるべきでしょう。

脂肪分は成分の吸収を阻害してしまう可能性があるため、レビトラが正しく効果を発揮してくれない可能性があります。

服用時の注意点

服用時の注意点を説明する医者

レビトラを服用する場合、基本的にどんな飲料で服用しても問題ないですが、グレープフルーツジュースでの服用は避けるようにしてください。

グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれているのですが、この成分は医薬品の吸収を早める効果があります。

これによって副作用が出てしまう危険があるのです。

副作用があることも忘れずに

副作用への注意を促す医者

医薬品は特定の病気や症状を治療するために欠かせないモノですが、医薬品に含まれている成分によって予期せぬ症状が出てしまうことがあります。

これが副作用と呼ばれる症状で、どんな医薬品を服用した場合でも副作用が出てしまう可能性はあります。

レビトラも立派な医薬品ですので、ED治療に対しては効果的な反面、どうしても副作用が出る可能性だけはなくすことができないのです。

レビトラの副作用として頭痛や顔のほてりがあらわれることは多いです。

ED治療薬は血管を拡張させ、血行を促進させることによってEDを改善します。

そのため、血液の流れが活発になることでどうしてもこうした副作用が出てしまうことは仕方のないことなのです。

どれだけ正しくレビトラを服用したとしてもこれらの副作用が出る可能性はありますが、出たとしても軽度な症状で済むことが多いので、そこまで心配する必要はないでしょう。

むしろ、これらの副作用が出たことでレビトラが正常に作用してくれていることを実感できますよ。

ただし、もしこれらの副作用が何日も治まらないというのであれば、レビトラの服用を一旦中止し、早めに医師に相談するようにしてください。

併用禁忌薬と併用注意薬に注意

併用禁忌薬への注意を訴える医者

複数の病気や症状が同時期に被って出ることもあるでしょう。

その場合、どちらか片方だけを優先して治療するということはせず、同時に並行して治療を進めていくことが多いのではないでしょうか。

となれば、同時に異なる治療薬を使用する機会もあると思います。

こういった状況で注意しなければいけないのが、「併用禁忌薬」と「併用注意薬」です。

併用禁忌薬とは、飲み合わせが禁止されている医薬品のことで、誤って併用してしまうと重度な副作用を招く恐れがあるほか、場合によっては命の危機に陥る可能性もあります。

併用注意薬とは、併用を禁止するまではいかないにしても、併用することで何かしらの悪影響が出る恐れのある医薬品です。

併用注意薬であれば併用することも可能ですが、その場合は医師に相談するなど、充分に注意したうえで併用するようにしてください。

レビトラの併用禁忌薬の代表例には硝酸剤、併用注意薬の代表例にはCYP3A4阻害薬などがあります。

しかし、これらの他にも併用禁忌薬や併用注意薬はたくさんありますので、すでに何かしらの医薬品を使用していて不安だという場合は、まず医師に相談してからレビトラを使用するようにしましょう。

新薬とジェネリック医薬品の関係

新薬とジェネリックについて説明する医者

医薬品には新薬とジェネリック医薬品があります。

ジェネリック医薬品はあまり日本で使用が浸透していませんが、最近では徐々に耳にする機会も増えています。

では、みなさんは新薬とジェネリック医薬品の違いがしっかり区別できているでしょうか。

新薬というのは、製薬会社が1から開発をおこなっている医薬品のことで、今までの医薬品にはない効果・用途となっています。

新薬が開発・販売されたあとは特許期間というものがあり、その期間中は新薬開発をおこなった製薬会社のみが製造・販売を独占することができます。

しかし、特許期間が切れてしまえば他の製薬会社が同じ成分・製薬方法で医薬品を開発できるようになります。

こうして後から開発された医薬品がジェネリック医薬品であり、後発医薬品という呼ばれ方をすることもあります。

ジェネリック医薬品によって形状は違うため、それによって新薬と服用方法が変わることはあります。

しかし、主成分や製薬方法が同じことから、効果や安全性に関しては新薬とジェネリック医薬品に差はありません。

では、新薬とジェネリック医薬品とで何が違うのかが気になるポイントですが、大きな違いは薬価です。

新薬は1から開発がおこなわれている分、多大な費用と年月が必要になります。

開発コストがかかるということは、製薬会社が赤字にならないためにも自然と販売価格が高くなるということです。

しかし、ジェネリック医薬品の開発はすでに存在している新薬を基にしておこなわれているため、新薬ほど開発コストがかかることはありません。

そのため、ジェネリック医薬品は新薬に比べ、格安な値段で販売されているのです。

レビトラのジェネリック医薬品

レビトラのジェネリックの一つバリフ

ジェネリック医薬品は新薬と同じ成分、効果、安全性となっており、そのうえ新薬よりも大幅に安い値段で販売されています。

そのため、新薬とジェネリック医薬品のどちらを購入すれば得かは明らかでしょう。

レビトラにもジェネリック医薬品があり、レビトラの効果や特徴を引き継ぎながらも安い価格で販売されています。

となれば、レビトラでED治療を購入したいと思っている人なら、当然安いジェネリック医薬品を購入したいと考えるはず。

ただ、残念なことにレビトラのジェネリック医薬品は日本国内で購入することができません。

日本は海外諸国に比べてジェネリック医薬品の使用が普及しておらず、日本国内で認可されていないジェネリック医薬品が多くなっています。

認可されていないということは日本国内で流通していないということですので、いくらED治療を専門としている医療機関へ行ってもレビトラのジェネリック医薬品を処方してもらうことはできないのです。

レビトラを購入するためには

レビトラ海外版のパッケージ

レビトラのジェネリック医薬品が日本国内で購入できない以上、ED治療をする場合は新薬であるレビトラを使うしかありません。

では、レビトラを購入するためにはどうすればいいのでしょうか。

誰しもがまず考える購入方法は医療機関からの処方でしょう。

むしろ、これ以外に購入方法はないと思っている人ばかりではないでしょうか。

しかし、実は医薬品を購入する方法はもうひとつあり、それが個人輸入代行という通販サービスを利用することなのです。

レビトラの購入方法 - ①医療機関での処方

医療機関で処方してもらう

レビトラを購入したい場合、まず思いつくのが「医療機関で処方してもらう」ことでしょう。

レビトラは処方箋医薬品に指定されている医薬品ですで、購入するためには医師から貰える処方箋が必須となります。

処方箋なしで購入する方法があったとしても、それは違法となってしまうので注意してください。

ED治療薬の処方は、ED治療を専門としている医療機関へ行けばすぐに処方してもらえます。

また、医療機関ではただED治療薬を処方してもらえるだけではなく、医師に診察してもらうこともできます。

自分では正確にEDかどうか判断できない場合でも、医師に診てもらえば自分の状態を正しく把握することができるのです。

ただし、医療機関へ行ってED治療を受けるのがイヤだという男性の多くは、診察を受けることに対して抵抗を感じているのではないでしょうか。

何かしらの診察・治療をおこなう場合、その患部を直接医師にチェックされることがほとんどです。

そのため、ペニスに関する症状であるEDを治療するとなれば、医師にペニスを見せなければいけないと思っているのではないでしょうか。

もしそうであれば確かに通院したくなくなる気持ちもわかりますが、実際のED治療で医師にペニスを見せることはないでしょう。

ED治療とは言うものの、その内容は簡単な問診のみとなっていることが多く、ペニスを見せるどころかみなさんがズボンを脱ぐことさえありません。

スタッフも全員男性のクリニックというところも多いので、ペニスの状態を聞かれたとしてもそこまで恥ずかしさを感じることなく応答できるのではないでしょうか。

問診自体は10分程度ですぐ終わりますし、みなさんの状態に適したED治療薬の処方もその場ですぐおこなってくれます。

専門家である医師が適切な判断でみなさんに合ったED治療薬を処方してくれますので、安心してED治療を進めることができるでしょう。

レビトラの購入方法 - ②通販サイトで注文

通販サイトで注文する男

今まで処方箋医薬品に指定されている医薬品を購入するとなれば、医療機関で処方してもらうのが当たり前のことでした。

もちろん今でも通院して治療薬を処方してもらっている患者さんがほとんどでしょう。

しかし、現在は個人輸入代行サービスという医薬品専用の通販サイトがあり、ネット上で簡単に目当ての医薬品を注文できるのです。

個人輸入代行は便利なサービスとなっており、すでに利用して医薬品をネット注文している人も大勢います。

しかし、初めて個人輸入代行の存在を知ったという人からすれば、不安に感じる部分はたくさんあると思います。

そこで、個人輸入代行がどんな通販サービスなのかを確認していきましょう。

まず気になるのは、「処方箋医薬品をネット上で注文していいのか」という点でしょう。

ウェブサイト上で注文を済ませるということは、当然処方箋を持たない状態で医薬品を購入することになります。

本来ならこれは当然違法行為になるのですが、個人輸入代行なら問題ありません。

「処方箋医薬品の購入は処方箋が必須」というのは日本の薬事法によって定められていることで、日本国内におけるルールです。

そのため、海外で販売されている医薬品に対してはこのルールが適用されることがないため、海外の医薬品を購入する場合であれば処方箋なしでも問題ないのです。

個人輸入代行サービス内で販売されている医薬品はすべて海外から輸入した医薬品ですので、日本の薬事法が適用されることはなく、処方箋の有無を気にする必要がないのです。

続いて、「海外から医薬品を輸入する」という言葉に危険性を感じている人もいるのではないでしょうか。

麻薬の密輸などをイメージする人も多いですが、個人輸入代行で販売されている医薬品は正規品だと認められた安心安全な医薬品のみです。

そのうえ、海外から医薬品を個人で輸入することは法的にも許可されているため、違法性を気にすることなく利用できますよ。

(ただし、個人輸入が許されているのは、あくまでも個人が利用するための場合のみです。

注文した医薬品をそのまま誰かに譲渡するなどの行為は違法になってしまうので気をつけましょう)

最後に、そもそも「個人が海外から医薬品を輸入できるのか」についても触れておきましょう。

個人輸入が許可されているため、必要であればみなさん自身が海外から医薬品を輸入することは可能です。

ただ、そのためには輸入に関する特別な手続きをしなければいけませんし、やり取りはすべて他国の言語でしなければいけません。

個人輸入してもいいと言われても、当然個人ができるものではないでしょう。

そこで、私たちの代わりに海外から医薬品の輸入を引き受けてくれるのが個人輸入代行業者なのです。

必要な手続きを含め、海外からの個人輸入をすべて代行してくれるため、私たちは個人輸入代行業者が輸入してくれた医薬品をウェブサイト上で注文するだけでよくなるのです。

海外で流通している医薬品であればまず問題なく取り扱っており、レビトラももちろん販売されているので安心してください。

ジェネリック医薬品でも購入可能

ジェネリック医薬品を購入する男

個人輸入代行サービス内で販売されている医薬品はすべて、海外から輸入した医薬品です。

海外で流通している医薬品であれば日本の薬事法が適用されることがないため、問題なく注文することができます。

日本で処方箋医薬品に指定されている医薬品の注文も可能なため、レビトラの注文ができるのはありがたいことです。

ただ、それ以上にありがたい点となっているのが、日本で流通していない医薬品だったとしても、海外で流通しているモノであれば販売されていることでしょう。

先ほどレビトラのジェネリック医薬品は日本国内で購入できないと紹介しましたが、個人輸入代行を使って海外のジェネリック医薬品を注文するのであれば実は購入できるのです。

ジェネリック医薬品は新薬よりも安い価格で販売されており、それは個人輸入代行を使って購入した場合でも同じことです。

少しでも節約しながらED治療を進めていきたいと考えている男性にとっても、個人輸入代行は非常に便利なサービスと言えるでしょう。

おすすめの記事

EDの症状について解説する医者

EDについて学ぼう

ED・勃起不全の症状と原因、改善方法についてご紹介します。

バイアグラのシートと錠剤

3大ED治療薬を比較

3大ED治療薬のそれぞれの特徴や違いを比較してみましょう。

バリフのパッケージとシート

ジェネリックで改善!

レビトラジェネリックの効果、価格、副作用についてご紹介します。

個人輸入代行サービスで購入する男

通販はメリットがたくさん!

レビトラを通販で購入する方法、そのメリットなどについてご紹介します。