レビトラは直前でもOK!バイアグラに引けを取らない理由

レビトラは直前でもOK!バイアグラに引けを取らない理由

ED治療薬レビトラについて

【レビトラ】とはアスペリンの開発で有名でありドイツに本社をもっている大手製薬会社の【バイエルン製薬社】から
バイエル、シェリング・プラウなどにより共同開発されており初期の治療薬よりも世界的な認知度は低いですが、機能など利便性にいたっては、今まで以上のクスリとして注目されています。なお、【バイアグラ】の次に開発されたED治療薬となっております。
初期の治療薬とは有効成分がことなったものが配合されており、オレンジ色の円形型であるのが特徴です。
日本国内では2011年ごろに功労省に認可されており、2004年ごろには製造と販売、両方の許可がくだされている。
しかし、薬価の基準水準がまだ未収載であったために医療機関では保険が適用外とされているため、自費での診断が必要とされているのが負担となっています。
米国アメリカでは当時約5年もの歳月を費やし、臨床実験が行われていてほんの数週間という短期間で【EDの治療薬】として仲間入りを果たした。
今では全世界、アメリカからヨーロッパにわたり約70か国以上の国で販売がされているようです。
名前の由来はフランス語であり冠詞である【Le】と生命を意味する【vitra】が合わさって【Le Vitra】と名づけられたようです。
このクスリの有効成分でもある【バルデナフィル】ですが、水に溶けやすいのが特徴ともされており、初期薬よりも服用してから一番といっていいほど即効性があり、長期による服用でも効果があんしんして継続されます。
副作用につきましては出る人からでない人により様々ですが、例を軽症からあげていくと顔のほてり、起立性低血漿、頭痛めまい不眠症などが報告されています。
なお、【バイアグラ】や【シアリス】よりも効果が強いがためにその分副作用による症状も出やすくなったりその日の体調やアレルギーを持っていたりすると重症化のリスクが大きくなっていきます。
併用してはいけない成分が含まれているのも有名であり服用時にはほかのクスリとの併用を避けること。
服用方法に関しましては、【1】1日一錠【2】24時間以上あけてからの服用【3】交渉後による1時間前に服用以上3つのことを守ってください。
もし、服用後に【狭心症】による症状が発見された場合その場で安静にしかかりつけの医者に診てもらいましょう。
ほかに診断の際に以前アレルギーを持っていたや、服用後に身体に気になる症状が見られた場合にもお近くの医療機関による診断が必須となるでしょう。

バイアグラ通販のお薬なび

▲ TOP