レビトラは直前でもOK!バイアグラに引けを取らない理由

レビトラは直前でもOK!バイアグラに引けを取らない理由

勃起の仕組みとクスリ

勃起不全とは性的刺激や興奮を受けて勃起しないだけではなく、毎回十分な硬さの勃起をしない場合や勃起はするが十分な硬さが得られない場合、女の人の膣に挿入した後、勃起を維持することができず、挿入中にペニスが萎えてしまうなど勃起不全の症状は様々あります。
勃起は自律神経の中にある副交感神経の働きによって起きる生理的な現象であり、直接性的な刺激を受けた場合、あるいは人間の五感、視覚や聴覚、嗅覚、味覚、触覚から刺激を受けた時に勃起中枢神経に信号が送られ硬さのある勃起状態になります。
信号を察知した際に、一酸化窒素(NO)が大量に分泌されます。
このNOの細胞内には、サイクリックGMPとい物質が含まれており、この物質がペニスの血管拡張物質となっています。
サイクリックGMPによって血液が集中的にペニスのスポンジ状となっている海綿体へと流れ込みます。
流れ込むと海綿体の静脈が締め付けられる状態となり充血するのでペニスが硬くなり勃起状態になります。
サイクリックGMPの特徴として酵素に分解されやすい性質をもっており、この酵素がPDE5と言われる物質です。
なので、サイクリックGMPが分解されてしまうと、十分な硬さのある勃起ができなくなってしまい勃起不全となります。
勃起不全の治療にはED治療薬であるレビトラを使用します。
レビトラとはPDE5阻害薬であり、最大の特徴が即効性となっています。
ED治療薬の中でも効き目が現われる時間がもっとも早く、空腹時に服用すれば15分ほどで効果を発揮してくれます。
副作用も少ないので扱いやすいクスリとなっています。
ジェネリックも登場しており、新薬に比べ安価に購入することができるようになっています。
ジェネリックだからといって効果が変わったり、副作用に変化があるわけではなく、同一の効果を得ることができます。
ジェビトラやスーパージェビトラなどがあるので、服用回数が多い方はこちらがお勧めです。

▲ TOP